×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



2013/03/17



フリーソフトでOSのBOOTドライブをSSDへ移行する
(アライメント不整合なんて嫌だ)



メーカー製PCには変な制限があったりしてSSDへの移行に苦労する事があります
今回は嵌ったので、覚え書きを残しておきます

【流れ】
2年以上、常時稼動のHP P6640jpがある日固まり再起動不可
 ↓
原因はHDD、不良セクターの山が築かれていたので、このHDDは廃棄
 ↓
何となくSSDを使おうと思ったが、元のHDD容量(500GB)未満のドライブにはDVDからのリカバリ不可が判明
 ↓
別のHDDへ仮にリカバリ後クローンソフトにてSSDへOS移行を試みる
 ↓
EaseUS Partition Master Home Editionにて移行したらアライメント不整合で泣きを見る
 ↓
EaseUS Todo Backup Freeで移行して完了



まず参考にさせて頂いたサイト
『再インストールなんかいらない? OSをSSDに入れ替えろ』
http://ascii.jp/elem/000/000/689/689148/

参考サイトお勧めのフリーソフト「EaseUS Partition Master Home Edition」にて移行した
一見問題なく移行できたかと思いきや問題があった

CrystalDiskMarkでベンチを取ると、OS移行前/移行後でSSDの4K read/writeがガツンと遅くなる
これはおかしい!!
移行前のデータドライブ状態のベンチと
移行後のOSブートドライブになったベンチ


このフリーソフトでHDDからSSDへ移行したところ、SSDのアライメント不整合が発生した様なのだ
アライメントがずれたまま使うとパフォーマンスが低下し、プチフリの原因にもなるようなので改善すべきだが、調べてみると、ずれた物を後から修正するのは中々困難な模様
アライメント不整合の問題を解説してくれてるサイト
http://eeepc.dnki.co.jp/?eid=1106772


よって、クローンする段階で別のソフトを使用する事にするが、ここまでの作業は時間の無駄になってしまった
さて、全部やり直し
ここからが移行手順本番です

EaseUS Todo Backup Free を使ってSSDへ移行します

参考にさせて頂いたサイト
http://www.pc-master.jp/blog/freesoft/3887.html
http://engawa.kakaku.com/userbbs/754/ThreadID=754-257/

まず、このソフトはフリーソフトなのに万能です
クローン元HDDの使用量が クローン先SSDより小さければパーティションの切り直しなどせずにクローン可能です
(クローン前にHDDのパーティションをSSDの容量に合わせて小さくするといった手間は必要無しです)
例)1パーティション500GBのHDDでも使用量40GBであれば、120GBのSSDへそのままクローン可能


1:フリーソフト『EaseUS Todo Backup Free V5.6』をダウンロードしPCへインストール
  使用したのはV5.6だが標準で日本語をサポートしていて分かりやすいです
  ダウンロードはこちらから
  EaseUS Todo Backup Free


2:EaseUS Todo Backup Freeを起動
  クローンをポチッと
起動したらクローンモードへ


3:ディスククローンをポチッ
ディスククローンモードへ


4:クローン元ディスクとクローン先ディスクを選択
  また『SSD用に最適化』のチェックをしらら次へをクリック
  (『SSD用に最適化』をチェックすることでクローン後のSSDのアライメント不整合を回避します)
クローン元とクローン先を選択
SSD用に最適化』チェックを忘れずに


5:ここでクローン元ディスクとクローン先ディスクのパーティーションレイアウトが表示されます
  クローン元が複数パーティションの場合、クローン先も同じ数のパーティーションに分割されますが、デフォではほぼ等分に分割されます
デフォルトでのクローンイメージ
今回クローン元が3パテあるので
クローン先も3パテに分割されてる


6:ここでクローン先ディスクのパーティーションレイアウトは変更可能なのでマウスで好きなサイズに変更しましょう
  リサイズしたいパーティーションをクリックしてマウス操作でリサイズします
  希望のレイアウトになったら進むをクリック
元のHDDに近い割合にリサイズしました


7:クローン作業が開始されます
クローン開始
しばらく待ちましょう


8:今回、クローン元HDDはリカバリ直後のまっさらな状態だったため使用量30GB程度だった為か、たった12分少々で完了しました
12分15秒で完了
なかなか早いです


9:クローンが完了したらPCをシャットダウンし、クローン元HDDを外す
  クローン先のSSDをマザーのSATAポートの1番に挿し直し(別のポートでも良いのですが気分的に)
  PCを起動しBIOSを呼び出しSSDを起動順位1番にする
  BIOSを保存しPC再起動
  Windowsが問題なく起動することを確認
EASEUS Todo Backupにてクローン完了後のベンチ
今回は問題なさそうです
ブートドライブになったので数字が僅かに劣るのは仕方ないかと


今回は少し回り道になりましたが、アライメント不整合にもすぐに気付き
SSDへ移行できて良かったな〜と言う